横浜青葉そけいヘルニア・外科クリニック

横浜市青葉区美しが丘2-14-4 KMビル2階
tel045-500-9049

ブログ

Blog

TAPP法~そけいヘルニア(脱腸)の腹腔鏡下手術


全国的に見ると、そけいヘルニア(脱腸)の腹腔鏡下手術の7割以上はTAPP法です。腹腔内に炭酸ガスを入れて膨らませます。お腹全体が大きく膨らみ、中に入れた鉗子の可動域が広く、操作しやすいのが特徴です。腹膜の内側から腹膜を一部切って、そこから鉗子を使ってヘルニア嚢と呼ばれるはみ出している部分の付け根を輪状に切り、切り離します。次に穴が開いている部分からメッシュを敷くスペースを確保して、メッシュを広げます。最後に切った腹膜を縫って修復します。このようにTAPP法の場合は、作業スペースが広く確保できるため、当院ではヘルニア嚢が10cm以上まで大きくなってしまった場合に選択しています。TEP法では作業スペースが小さいため大きいヘルニア嚢を引き込みながら剥離するスペースがなくなってしまうためです。また、下腹部の手術を受けたことのある方の手術方法については慎重にご相談させていただきます。

脱腸・太ももの付け根のふくらみは、そけいヘルニアかもしれません。そけいヘルニアの日帰り手術なら横浜青葉そけいヘルニア・外科クリニックへご相談ください。田上 創一

カテゴリーCATEGORY