メニュー

院長ブログ

新機種 Stryker 1788のデモ (2024.02.19更新)
  2023年12月の最終週、2泊3日でStryker社の4K腹腔鏡カメラの新機種『1788』をお借りすることができました。   日本では、先日の内視鏡外科学会の学術集会… ▼続きを読む

そもそもBT.2020とは? (2024.01.29更新)
  先日、OLYMPUS VISERA ELITE Ⅲ のデモで取り上げた「色域」に関してのお話です。   実は、年末にOLYMPUSさんから回答をいただきました。 … ▼続きを読む

良いお年をお迎えください 2023 (2023.12.31更新)
   今年も残りわずかとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。おかげさまで、当院では2023年に529件の全身麻酔手術をいたしました。今年もすべて私が執刀いたしました。開院より6年半、診察、手… ▼続きを読む

第36回日本内視鏡外科学会総会に参加しました (2023.12.25更新)
  12月上旬の、とある木曜日、内視鏡外科学会総会に参加してきました。 先日のブログで紹介したGi外科クリニックの皆さんに見学に来ていただいたのも、学会期間中だったのですが、見学に来ていただ… ▼続きを読む

Gi外科クリニックの皆さんに手術見学に来ていただきました (2023.12.18更新)
  12月上旬のある日、第36回日本内視鏡外科学会総会が開催されていた土曜日のお話です。 岡山・兵庫・京都で、鼠径ヘルニアの日帰り手術を行っているGi外科クリニックから、池田先生を筆… ▼続きを読む

新機種 OLYMPUS VISERA ELITE Ⅲのデモ (2023.11.23更新)
腹腔鏡手術の"要”である、腹腔鏡カメラについてのお話です。 現在、当院で使用しているモデルは、OLYMPUS VISERA 4K UHD という解像度が4Kのものを使用しています。 2015年… ▼続きを読む

鼠径ヘルニアの腹腔鏡手術の質を高めるもの 細径鉗子編 (2023.11.13更新)
  鼠径ヘルニアの腹腔鏡手術の質を高めるデバイスなどあるのでしょうか? 今回、ご紹介するのは「細径鉗子」です。 シリーズ第2弾です。 前回の大型モニターの話は、鼠径ヘルニアの腹腔鏡… ▼続きを読む

鼠径ヘルニアの腹腔鏡手術の質を高めるもの 大型モニター編 2 (2023.10.23更新)
前回の大型モニターの導入の話は、いかがでしたか? 「そんなに簡単にテレビと腹腔鏡システムが繋がるのか」と、疑問に思った方もいるかもしれません。 実は、テレビのHDMI端子に繋げるために、業務用… ▼続きを読む

鼠径ヘルニアの腹腔鏡手術の質を高めるもの 大型モニター編 (2023.10.17更新)
鼠径ヘルニアの手術に限りませんが、腹腔鏡手術の質を高めてくれるデバイスはあるのでしょうか? 「そんなものがあるなら、すぐに使いたい」と思う外科医は、世の中に、たくさんいるはずです。 実は、当院… ▼続きを読む

鼠径ヘルニア(脱腸)は何科を受診すればいいのか? (2023.09.25更新)
鼠径ヘルニアの治療を行っているのは、「外科」または「消化器外科」になります。 病院の何科を受診していいのかわからず、男性は「泌尿器科」、女性は「婦人科」を受診することも多いです。 当院でも、最初に… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME